title
  トッピクス
<サンデードキュメンタリー>ザ・ノンフィクション特別編 人生の終わりの過ごし方 ~「ダメ人間マエダ」の終活~ <サンデードキュメンタリー>ザ・ノンフィクション特別編 人生の終わりの過ごし方 ~「ダメ人間マエダ」の終活~

<サンデードキュメンタリー>ザ・ノンフィクション特別編 人生の終わりの過ごし方 ~「ダメ人間マエダ」の終活~
BSフジ 2022年1月16日(日) 12:00~13:55

 

 

Line_BG01
番組紹介
ページ印刷(PDF)

<サンデードキュメンタリー>ザ・ノンフィクション特別編
人生の終わりの過ごし方 ~「ダメ人間マエダ」の終活~

<サンデードキュメンタリー>ザ・ノンフィクション特別編 人生の終わりの過ごし方 ~「ダメ人間マエダ」の終活~

自らを「ダメ人間」と呼ぶマエダは44歳のパチスロライター。
都心の裕福な家庭の一人息子として生まれ、幼稚園からエリート街道を歩むものの、同級生の中でただ一人、大学に進学せず、ギャンブルにのめり込み、トラック運転手や豆腐店、転売業など職を転々としてきた。20歳で最初の結婚をしたが「バツ2」で、今は年老いた母と2人で暮らしている。30代半ばで、ようやく巡り会えた天職がパチスロライター。 “ゲス”なキャラクターとスーツ姿にネクタイで、ファンに愛されてきた。

2020年2月。そんなマエダが余命宣告を受ける。「余命は3カ月から半年」…マエダは友人たちに全てを語り「最後まで楽しく死にたい」と、自らの“終活”に付き合ってもらうことに。日々、がんの進行が進み、治療や薬の副作用で体が悲鳴を上げても、酒もタバコもやめず、仲間たちと一緒にうまいものを食べる。そんなマエダの姿に仲間たちも特別扱いすることなく、マエダの“終活”に寄り添い続ける。

しかし、がんの進行は止まらず入退院を繰り返す中、手術も難しい状況となり、全身の痛みと歩行困難な中、年老いた母の肩を借り、足をひきずりながら歩く。大量の痛み止めを飲みながら「今、敗戦処理をしてるんだなと思うと悲しくなっちゃう」と自分の運命を嘆くマエダ。
「自分らしく生きること」「最後まで幸せに生きること」だけを願ったマエダの終活を追った1年の物語…

【番組概要】
番組名:<サンデードキュメンタリー>ザ・ノンフィクション特別編 人生の終わりの過ごし方 ~「ダメ人間マエダ」の終活~
放送:BSフジ 2022年1月16日(日) 12:00~13:55
語り:宮﨑あおい
番組公式HP:https://www.bsfuji.tv/thenonfictionsp/pub/041.html

 

スタッフ紹介

プロデューサー:森本 広延
ディレクター:清水 政宏
AD:石井 美帆

 

 

 

Line_BG02
backnamber              
vol65
vol65 vol66 vol67 vol68 vol69 vol70 vol71
vol58 vol59 vol60 vol61 vol62 vol63 vol64
vol51 vol52 vol53 vol54 vol55vol56 vol57
vol44 vol45 vol46 vol47 vol48vol49 vol50
vol37 vol38 vol39 vol40 vol41vol42 vol43
vol30 vol31 vol32 vol33 vol34 vol35 vol36
vol23 vol24 vol25 vol26 vol27vol28 vol29
vol16 vol17 vol18 vol19 vol20 vol21 vol22
vol09 vol10 vol11 vol12 vol13 vol14 vol15
vol01 vol02 vol03 vol04 vol05 vol07 vol08
お問い合わせ

共同テレビジョン第3制作部