title
  トッピクス
パプリカでひとつに〜キズナビトの夏〜 パプリカでひとつに〜キズナビトの夏〜

パプリカでひとつに〜キズナビトの夏〜
時を超え、距離を越え…<再び絆を結ぶ異空間>

2019年8月31日(土)13:30~14:30 BS プレミアム

 

 

Line_BG01
ページ印刷(PDF)
番組紹介
パプリカでひとつに〜キズナビトの夏〜 パプリカでひとつに〜キズナビトの夏〜 パプリカでひとつに〜キズナビトの夏〜

<NHK>2020応援ソング『パプリカ』のもと、「夢を追いかける若者たち」を応援!彼らには、つなぎたい「絆」があった!そんな若者同士が『歌』と『最新のテクノロジー』によって遠く離れていても一つになるため頑張る「絆ドキュメント」!

「辛い時、心の支えとなった…」「何かのために一つになった…」そんな様々な絆を、遠く離れた人と再び結びたいと願う人(キズナビト)が、相手に“絆を深めるプロジェクト”(当番組)への参加を呼びかけ。それぞれの絆なの為に目標に向かって立ち向かう姿をドキュメントで描く。プロジェクトでは「パプリカ」の曲を使い音楽でそれぞれの思いを一つに繋ぎます。そこで、絆を表すのにふさわしい歌や演奏、文化、さらに競技や記録で限界に挑戦。共に特訓を重ねていく。そして発表の日、遠く離れた者も最新のIT技術で、まるで同じ空間に存在するかのように「絆」を演出。それぞれのパフォーマンスと「パプリカ」が一体となり、知らない者同士さえ一つに結びつけるマルチメディア音楽プロジャクト「Playing for Change」 のようなグランドフィナーレへ!

<キズナビト①:(福島県南相馬市の住民)>
▶大震災の避難所で見知らぬ者同士励ましあい、支え合ったが、その後、みな離れ離れに…。
あれから8年、それぞれの苦境を乗り越えるため、もう一度絆を結びたい!南相馬の風物詩「野馬追祭」をベースに描くドキュメント。

<キズナビト②:(宮崎 東海スイミングクラブの子どもたち)>
▶ビニールハウスで覆われた屋外プールのスイミングクラブ。オリンピックのメダリスト松田丈志を輩出したことでも有名。しかし 2017 年、老朽化で活動を休止。新たな練習場で高校3年、最後の夏。松田選手の後輩たちの子供たちの夢への絆を描く
サポーター:松田丈志さん(オリンピックメダリスト)

<キズナビト③:~今年で39年目!沖縄の代理応援をする尼崎高校吹奏楽部との絆~>
▶高校野球の沖縄代表が甲子園に出場しても経費的な問題で応援をする吹奏楽部を甲子園に連れて来ることが出来ない。そんな沖縄代表を39年間、代理応援しているのが、尼崎市立尼崎高校である。吹奏楽部総監督を務める羽地靖隆先生が沖縄出身との縁から始まった絆の代理応援。今回は沖縄勢として初優勝し、夏の甲子園に7回出場した、沖縄尚学高等学校の生徒と2014年にベスト8まで代理応援をしてもらったOBが感謝の気持ちを伝える。沖縄尚学の吹奏楽部はいつも野球部が甲子園に出場したときは、パブリックビューイングとなっている、自校の体育館で尼崎高校吹奏楽部の代理応援に会わせて演奏する。そんな見えない絆でつながれた両校が最新技術中継でパプリカを奇跡のセッションをする。6年前に離れた場所で一緒に演奏した沖縄尚学の生徒が感謝の気持ちをパプリカでつなぐ。
リポーター:磯山さやか

【番組概要】
パプリカでひとつに〜キズナビトの夏〜
BS プレミアム
放送日時:8月31日(土)13:30~14:30
出演:松田丈志(オリンピックメダリスト)磯山さやか

スタッフ紹介

プロデューサー:神崎 茂
演出菅井 秀一
ディレクター:新保 祐介 蓑茂 健太郎
AD:相原 久美子
構成作家:遠藤 昇輝

 

 

 

Line_BG02
backnamber お問い合わせ

共同テレビジョン第3制作部