ザ・ノンフィクション

~ホストの前に人間やろ!最終回 転落~

番組紹介

2011年の東日本大震災から、何かが変わった。
その何かがこの国の行方を左右する。その「何か」を探るため、「ザ・ノンフィクション」はミクロの視点からアプローチします。
普通の人々から著名人まで、その人間関係や生き方に焦点をあて、人の心と社会を描き続けていきます。

みどころ

ホスト界の頂点を極めた男の転落...そしてどん底から這い上がる姿を描いた10年密着ドキュメント完結編!


thenonfiction_001

2005年からすでに10年にわたり取材を行ってきた、夜の世界の青春ドキュメント「ホストの前に人間やろ!」。
関西最大のホストクラブ「紫苑」を経営するオーナー井上敬一をめぐる物語は、ついにエンディングを迎えます。
それは...敬一の"ホスト廃業"、そして衝撃の脱税事件による有罪判決というまさかの展開...。


thenonfiction_002

カネと人情、男の友情でのし上がってきた男が、最後はやはりカネと人間関係の破たんでどん底を見る...
そこから這い上がって再起できるのか?
それが叶わず朽ちてしまうのか?
まさに、結末がまったく見えないドキュメンタリーの完結編を2週にわたり放送します。


17日 【最終回 転落】

thenonfiction_001

2013年6月。脱税事件を起こし、検察の厳しい取り調べを受ける敬一。これをきっかけに、いままで敬一が大事に育ててきたホストたちは、分裂し、評判を落とした店を捨て辞めていきます。残された幹部ホストの龍也と少数のホストたちは店舗を移転し、小さくします。敬一が築き上げた関西最大のホストクラブ「紫苑」はついに看板を下ろすことになったのです。
そして、脱税事件の裁判が始まります。龍也は敬一に助けを求めますが、家に引きこもり何もしようとしない敬一。
ある日、龍也は酔った勢いで、敬一の家を訪ね、引きこもる敬一に対して怒りをあらわにします。


thenonfiction_002

2013年11月19日、脱税事件の判決が出ました。法人税法違反の有罪判決、懲役2年執行猶予3年、罰金1600万円。そして罰金以外にも追徴課税と未払いの税金をあわせて約1億円を払わないといけない、という厳しい判決でした。敬一は途方に暮れます。そんな敬一に龍也がこう言いました。「オーナー、やりたいことがあるんでしょ!その道で成功してください!そして、お金を返してください。罰金と追徴課税は、それまで俺たちがなんとか払っていきますから...。」ホスト業界を捨て、別の道を考えていた敬一の気持ちは龍也に見抜かれていたのです。敬一は、決意を胸に大阪を後にします。
2014年4月。上京した敬一は、家賃2万6千円の古びたアパートにいました。どん底からのスタートです。カリスマホスト時代に知り合った企業家たちを頼り、商品の販売代理店業を行おうと考えていました。しかし、敬一の新しい事業は、思うようにはいきません。ホストたちと連絡すら取らなくなってしまう敬一。
一刻も早く大金を稼ぎ、龍也や仲間たちの思いに答えなければならない敬一は、どのように人生のどん底から這い上がるのでしょうか?ナニワのホストたちは、どうなってしまうのでしょうか?


出演者

【語り】
宮崎あおい

スタッフ

構成

武田浩
松木創

チーフプロデューサー

味谷和哉(フジテレビ)

演出 後藤博
制作協力 共同テレビ
制作著作 フジテレビ
過去の記事