世にも奇妙な物語

'11秋の特別編

第1話 『憑かれる』

人気作家の倉田聖美(松下奈緒)が次回作を執筆していると電話が鳴る。高校時代の同級生・及川真砂子(中越典子)からだ。「私の結婚のお祝い会があるから来てほしい」という内容だったが、学生時代、そんなに仲が良くもなかったので気がのらなかった。しかしその会に当時、聖美が付き合っていた元カレも来ることを聞き、参加することを決める。当日、言われたお店に着いた聖美だったが、そこにはびしょ濡れの真砂子だけ。そして聖美は真砂子から驚きの話を聞き...。

出演 松下奈緒 ほか
原作 『憑かれる』 貫井徳郎 「崩れる」角川文庫収録
脚本

酒井雅秋

演出 小林義則

第2話 『JANKEN』

大手建設会社で働く新入社員・真田賢輔(三浦春馬)は、じゃんけんが弱かった。その"勝負弱さ"は仕事や私生活において賢輔の"負の要因"となっていた。そんなとき、街中で「じゃんけん教えます」という看板が目に入る。賢輔が路地の奥をのぞくと「じゃんけん道場」が。そこで仙人のような風貌の老師(石橋蓮司)と出会い...。

出演 三浦春馬 ほか
脚本 ふじきみつ彦
演出 植田泰史

第3話 『ベビートークA錠』

日々の子育てに苦労する主婦・安田千秋(水川あさみ)。泣きやまず離乳食も口しない息子に対して思わず「どうして?」と問いかけるが答えるはずもない。ある日、薬局の前を通りかかると薬剤師からある薬をすすめられる。その薬のラベルには"ベビートークA錠"の文字。その夜、千秋はすすめられた通りに薬を口にすると思いもよらぬ効果があらわれる...。

出演 水川あさみ ほか
脚本 小峯裕之
演出 岩田和行

第4話 『耳かき』

ダンディズムを最優先させる謎の殺し屋(浅野忠信)は、ホテルの一室から標的の美女に銃口を向けていた。あとは引き金を引くだけ...。しかしこの男、任務遂行の前に必ず行うことがあった。"ご自慢の耳かき"で耳あかを取ることだった。それがその男流の"ダンディズム"。そして今回も耳かきを耳の奥に入れるのだったが...。

出演 浅野忠信 ほか
原作 『耳掘り』 泉昌之 扶桑社文庫「かっこいいスキヤキ」所載
脚本 森ハヤシ
演出 鈴木雅之(フジテレビ)

第5話 『いじめられっこ』

女子高生・堂島百合(志田未来)は、クラスメイトからいじめにあっていた。いつものようにいじめられているところを、転校してきた永瀬日菜子(大後寿々花)に助けてもらう。百合はかばってくれた日菜子へ話しかけるのだが、無表情でリアクションは薄い。そして、いじめの対象は日菜子へ。日菜子はいじめられ続けても感情を表に出さない。百合は日菜子のことを"身代わり"なのでは? と思い始める。

出演 志田未来 ほか
原作 『時計じかけの天使』 永山驢馬 「原色の想像力」東京創元社所載
脚本 半澤律子
演出 都築淳一

ストーリーテラー

タモリ

スタッフ

編成企画 成河広明、水野綾子、加藤達也
プロデュース 小林 宙
アソシエイトプロデュース 岩田祐二
制作 フジテレビ
制作著作 共同テレビ
過去の記事