世にも奇妙な物語

'16秋の特別編 【2016年10月8日(土) 21:00~23:10放送】

岩田プロデューサーからみなさまへ

他の枠では決して放送できない珠玉のショートドラマを最高に素晴らしいキャストと演出でお送りいたします。
・偶然が何度も重なった経験をお持ちの方いらっしゃいますか? 
・今時流行りのシンプルライフの行く末とは?' 
・ある日、友人や上司が自分に貼っている〝レッテル〟が分かっちゃったら? 
・〝走る列車での推理劇〟一体、真実を語っているのは誰なのか?
以上、4話オムニバス形式でお送りする先の読めない奇妙な物語、秋の夜長にご堪能ください。

【ストーリーテラー】

タモリ

「シンクロニティ」:主演 黒木メイサ

【キャスト】黒木メイサ 藤井美菜 他

【スタッフ】

ある日、栄子は恋人からプレゼントされた時計のサイズを直すため時計店を訪れると偶然高校時代の友人、朱美に出会う。成人式以来の再会に喜ぶ二人。しかも時計を直しにきた理由に始まり、恋人の名前、彼氏とつきあい始めた日まで同じであることが判明する。そんな二人の会話をバーで聞いていたマスターがそれはシンクロニシティという現象であると伝える。偶然の一致が重なり興奮する二人だった。がある事に気付いた瞬間二人の顔から笑顔が消える。今日、8月7日は12年前の高校時代、二人も加担したいじめが原因で友人が自殺した日だった。さらに栄子たちに思いもかけない恐ろしい"偶然の一致"が襲いかかる・・・!

「貼られる!」:主演 成宮寛貴

【キャスト】成宮寛貴 三倉茉奈 渡辺哲 他

【スタッフ】

椎名毅(成宮寛貴)は銀行の一流バンカーとして活躍していた。上からは信頼され下からは頼りにされ、椎名あっての融資課といわれるほどの成績を誇る。ある日、タクシーに乗った毅は運賃がいつもより高いと運転手にたずねるとその瞬間自分の体に直に「難癖つけるクレーマー」というレッテルが貼られていることに気付く。
この日を境に周りの人間の評価がレッテルとして体に貼られるようになっただけでなく、周囲の人間が発言とは裏腹に毅を酷評していることを知り毅は愕然とする。

「捨て魔の女」:主演 深田恭子

【キャスト】深田恭子 阿部純子 上野なつひ 他

【スタッフ】

野間崎健二(窪田正孝)は漫画家になる夢を抱きながら作品を描き続けているがなかなか認められない青年。両親からも現実を見つめ就職を考えるようにと言われている。いつものように母親と言い争った際、部屋から押し出した母親がふいに倒れてしまう。その瞬間驚きの事実が明らかに!母親が実は機械だったのだ。恋人の慶子(石橋杏奈)はそんな健二を励ますのだったが...。次々と驚きの事実を目撃し追い詰められていく健二。彼が選択した決断とは。

「車中の出来事」:主演 北村一輝

【キャスト】北村一輝 古川雄輝 杉本哲太 他

【スタッフ】

時は昭和30年前半頃、舞台は走る列車の中。
ある車両の最後尾、向きあわせに乗り合わせた3人の男を中心に物語は展開していく。
猪首の男と隣り合わせに座る優男。彼の前に座ったのがキザな男。実は猪首の男が警察で優男は護送されている途中だったのだ。この3人が実はある麻薬取引を巡る事件と大きな関連があるらしい。3人の化かし合い、駆け引きの中から真実をたぐりよせていく。最後の最後まで先が読めない!真実がわからない!

さらに!ショートショートドラマ「ずっとトモダチ」

上記4作品に加え、さらに今回はショート・ショートストーリーを1本お届けします。

人工知能との掛け合いを描いた本作には、CMで清涼で凜としたたたずまいを見せる久保田紗友と、同世代の中で圧倒的な存在感を放つ山田杏奈が出演。若手俳優の新鮮な演技と、『世にも奇妙な物語』ならではのおもしろさと恐怖が混在する世界をお楽しみください。

【キャスト】久保田紗友 山田杏奈 他

過去の記事