櫻子さんの足下には死体が埋まっている

連続ドラマ
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
放送局
フジテレビ系
放送日
※2017年4月23日スタート
公式ホームページはこちら

イントロダクション

櫻子は、美人で名家の令嬢でありながら、"三度の飯より骨が好き"という常人には理解しがたい嗜好を持つ「標本士」。

外見は美しいのに、口調は男勝りでぶっきらぼう。空気を読めないところがあり、他人の目や周囲の評判などはお構いなし。歯に衣着せぬ際どい発言で、周りをドン引きさせるクセ者ともいえるキャラクターです。櫻子が職業とする標本士とは、骨格標本を組み立てるのが仕事。美しい骨を愛でるのが何より好きな櫻子は、博物館の依頼を受け、自宅アトリエで動物の骨を組み立てています。

櫻子は、高校時代の恩師から標本を学び、大学時代は、教授で監察医でもあった叔父のもとで法医学を学びました。類まれな頭脳と洞察力を持ちながらも、法や行政のためにそれを使う気は特になく、自分の琴線に触れるものにしか興味を示しません。検視もできるのですが、それを本職にはせず、自分が一番好きな「骨」を扱う職に就いたのです。櫻子は、死を前にしても恐れをなさないどころか、その"美しさ"や"荘厳さ"に感動し、愛でるほどの変わり者。ただ、ひとたび事件となれば、「死体は雄弁」と語り、目の前の死体や事件現場をくまなく観察分析し、真実を一つひとつあぶり出していくのです。事件の奥底に潜む、すべてを理解し明らかにするための最も重要な「芯」を、櫻子は「骨」と呼びます。それは、「何事にも必ず"骨"がある。それが通れば、真相はおのずと見えてくる」という考え方に基づいています。「骨」はときに証拠、ときに動機やきっかけ、そして誰かの感情や思いだったりもするのです。

そんな櫻子が、法医学・自然人類学の豊富な知識、類いまれなる観察眼、物事の本質を見抜く洞察力と人並み外れた想像力で、周囲の誰しもが疑うことすらしない細部にまで着目し、難事件を次々に解決に導きます。

CAST

九条櫻子・・・観月ありさ
館脇正太郎・・・藤ヶ谷太輔
山路輝彦・・・髙嶋政宏
志倉愛理・・・新川優愛

近藤卓也・・・細田善彦
谷上和裕・・・近藤公園
杉森重男・・・渡辺憲吉
新井隆太・・・田中聡元

沢梅・・・鷲尾真知子

     ・

磯崎齋・・・上川隆也

STAFF

原作 太田紫織「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」(エブリスタ/角川文庫)
脚本 山岡潤平(『銀と金』、『受験のシンデレラ』他)
武井彩(『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』、『美女か野獣』他)
音楽 菅野祐悟
テーマソング Kis-My-Ft2「PICK IT UP」(avex trax)
BuZZ「LEAN ON ME」(SONIC GROOVE)
編成企画 稲葉直人(映画「テルマエ・ロマエ」、映画「信長協奏曲」他)
プロデュース 森安彩(『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』、『絶対零度』シリーズ 他)
演出 佐藤祐市(『ストロベリーナイト』シリーズ、『ウォーターボーイズ』シリーズ 他)
山内大典(『キャリア~掟破りの警察署長~』、『ゴーストライター』他)
制作 フジテレビ
制作著作 共同テレビ