ADのつまみ食い日記

第1回 ADのつまみ食い日記

第1回

「くいしん坊!万才」担当の貝原です。
32年目を迎えた伝統ある番組に就いて3年目になります。
今回から番組・ロケの裏側を紹介する「ADのつまみ食い」を書かせていただきます。

~つまみ食いのタイミング~

ADがつまみ食いするタイミングは2つあります。
(1)撮影前の準備段階、台所で取材先の方に進められやむなく食べる。
(2)本編撮影後、料理撮影の際に余った料理をスタッフで頂く。

2月12日からの放送は"青森編"。 ロケは1月中旬に行われました。冬の青森には美味しいものが沢山ありましたよ。今回、つまみ食いした料理は「ホタテの串焼き」と「長芋フライ」

ホタテの串焼き「ホタテの串焼き」
串焼きは、炭火で焼き「塩」のみで味付けされたシンプルな一品。その味は・・・とっても甘いんです!
そして、サクサクっとした歯ごたえで噛めば噛むほどホタテの甘みが口一杯に広がるんです。今回のホタテは大きく、食べ応えも十分。料理撮影中、あまりの美味しさに4本頂いてしまいました。

長芋のフライ「長芋のフライ」
1㎝ぐらいのサイコロ状に切った長芋に片栗粉をまぶしてそのままフライにしたシンプルな料理。
揚げた後は軽く塩を振ってできあがり。
その味は・・・軽い口当たりでさっぱりと甘い!ものすごく軽い感じでスナック菓子感覚で食べられるんです。揚げたてを食べるのが一番美味しいと思いますが、冷めても軽い食感は変わらず、いくらでも食べられそうな美味しさでした。(実際に冷えた長芋フライを料理撮影中についつい口に運んでました)

過去の記事