ADのつまみ食い日記

第3回 ADのつまみ食い日記

第3回

つまみ食い ~つまみ食いのタイミング~

ADがつまみ食いするタイミングは2つあります。
(1)撮影前の準備段階、台所で取材先の方に進められやむなく食べる。
(2)本編撮影後、料理撮影の際に余った料理をスタッフで頂く。
青森編の放送も無事に終わり、
4月16日からは"岡山編"がスタート!
岡山と言えば...「きび団子」→「桃太郎」が連想されます。
(それしか知らない自分にガッカリですが...)
くいしん坊!万才は春の瀬戸内海の美味しい食べ物を目指してロケを行ってきました。
(経験の少ない自分は岡山に初上陸です。) 今回の岡山ロケは自分にとって13ヶ所目のロケ地。
日本にはまだまだ知らない料理・食材がある事を実感。
初めて見た"ベラタ"に驚き、自然の中で頂く"竹めし"を存分に堪能♪
番組取材を通して、「食通」に近づくべく大きな経験値を積み上げています。

ベラタ竹めし

ベラタ「ベラタ」
ベラタとは穴子の稚魚のことです。
穴子はたくさん食べてきましたが、穴子の稚魚が食べられるとは驚きです。
写真では分かりづらいと思いますが、半透明の姿はきし麺のような感じでした。 人生初、ベラタを食べた感想は、食感はプリプリっとしていて、味はほんのりと甘い感じがしました。
驚くほど美味しいとい感じではなく、こういう食べ物があるんだと言う経験ができました。

竹めし「竹めし」
"箭田の竹の子"は有名なのはご存知ですか?
人生経験の浅い自分はまったく知りませんでした。
青竹の節の部分にお米と具材を入れ、炭火で一時間近くかけて炊いた竹めし。
炊き立ての竹めしは、竹の香りが強く、おこわに近い感じで炊き上がっていました。
竹林に囲まれ、竹の香りを楽しみながらもちっとした食感を楽しむ。 贅沢なほど、竹の味と竹の香りを堪能できる一品でした。

過去の記事