ADのつまみ食い日記

第6回 ADのつまみ食い日記

第6回

ADのつまみぐい日記 北海道編

「本日は当機をご利用いただき、誠にありがとうございます。大変残念ではございますが、天候不良のため、当機は利尻島への着陸を断念し、新千歳空港へ引き返します」
すばらしいアナウンスでした。
が、一同、そのすばらしさに気づかず、ただポカンとしているばかり。ややあって事態を飲み込む。慌てる。慌てたところで上空の機内。新千歳まで約1時間ちょっとの楽しい旅。
そんなわけで今回の「くいしん坊!万才」、北海道は稚内・利尻を目指したのですが、初日からトラブルによって利尻に到達できず、札幌でバスを借り、陸路で稚内まで約6時間。着いたのは午前0時間近。当然、初日に予定していた利尻での撮影はできず、2日目、3日目に全てを賭けることに。それでも我ら「くいしん坊!」クルーは陰気にならずに移動中のバスの中でハイテンション!どうせ今日は撮影できないんだからと、昔の「くいしん坊!」ロケのトラブル談義に花を咲かせていました。
ガヤ(メバル)料理さて、2日目は朝一でフェリーに乗り、一路利尻島へ。
1本目の「ガヤ(メバル)料理」で、みんなが前日の遅れを取り戻そうとがんばっている最中につまみぐい。最近手慣れてきた箸使いで大根を持ってみました。やっぱり、倫理にもとる行動というのは一種の快楽ですな。みんなが一生懸命がんばっている、「ガヤの三平汁」のブツ撮りをがんばっているときに、「あ、これ冷めちゃいましたね、あったかいのに替えましょうか」かなんか言って碗を下げ、後ろを向いてちょいと味見を。うむ、美味。こういうときの笑顔ってやっぱりヤラシくなっちゃいますよね。


べこ餅お次は「べこ餅」です。このべこ餅、北海道では昔からあるお菓子だそうですが、初めて見るものですからしげしげと見ております。ほほ~、渦巻いてるんですな、とかなんとかつぶやきながら。でもこれ、遊んでいるわけではないですよ、いわゆる「箸入れ」です。説明しよう、「箸入れ」とは料理番組などでよく見る、料理の接写中に、箸でモノを持ち上げて見せるアレである。とまあ、箸は使っていませんが、今回は箸を使わないものだからこそ、箸入れ若葉マークの松澤にやらせてみるかってことで、僕しげしげ、もち見る。手に取る。笹の葉をむいてみる。で、やっぱり食べてみる。


べこ餅うん、岡田はんうまひふよ、とか言って。
味は「すあま」のような感じで、食感はそれよりちょっと硬め、やはり「餅」と名にあるようにもちもち感があります。昔はそうとう甘かったようですが、こちらは今風に甘さ控えめでした。3つ4つかるくいけます。


ホッケのチャンチャンちょっと時間軸が前後してしまいますが、こちらは「ホッケのチャンチャン」。
サケのチャンチャン焼きというのはよく聞きますが、ホッケでは聞いたことがありませんでした。というのも、新鮮な生のホッケでしか作れないからなのだそうです。プレートにホッケと野菜を入れて焼き、頃合いを見てホッケに特製味噌をのせます。そしてネギを盛って、崩して、混ぜて食べると。これがすごくうまいんですよ、ほんと。日本酒があったら最高ですね。やはりホッケだけに、サケより淡白で野菜や味噌がよく合いまして、病みつきになりそうです。東京で食べられるところがあれば通いたいですね。
ここでは若葉マークの僕がスプーンで味噌を塗り、そしてついにネギを盛るということはつまり「箸」を使うわけです!緊張しながらもガバっとつまんでそっと置きますと、画的にはなかなか上品にできたのではないかと満足しております。

そしてやっぱりこのロケ最大の楽しみであったのはウニです。ウニ。何たら滑稽な名前であるところのウニですが、その美味たるやすさまじく、「あらウニちゃん」とかなんとか言って頬ずりしたくなること請け合い。それもウニ丼なんて日にゃ、新鮮なウニ様をホカホカの炭水化物であるところの白米にこれでもかと乗っけて、少しキッコーマンのしょうゆを垂らし、1つぶ1つぶのプリン体が主張しあうザッツ・エンターテイメントを口の中に放り込むや、ほのかに特有の甘い香りを放ちつつ、すぐに夢のように消えてしまうのです。あぁ、はかない。今回は「焼きウニ」なんていう贅沢な食べ方もさせて頂き、至福の境地でした。

ウニ丼 焼きウニ

宗谷岬の漁師さん最後に思い出されるのが、今回諸々の理由により収録を断念した宗谷岬の漁師さんのところでごちそうになったホタテです。ホタテ好きの僕としてはたまらなく、ナマコも初めて食べたのですがすごくうまいんですね、アレは。柔らかい煮物(?)と梅味の酢漬けのようなナマコ。撮影断念の為、用意して頂いたホタテやナマコをみんなでいただきましたが、もうこれは収録ではないのでつまみぐいどころの騒ぎではありません。本気食いです。お祭りです。みんなでおいしくいただきました。 
帰りに宗谷岬に寄り、日本最北端の地で記念撮影。めっさ寒かったです。東京の冬より寒いんじゃないでしょうか。ホタテ貝を水着にしちゃう武田久美子さんバリに使ってみました。
座ったままですけど・・・。次回のロケも楽しみです。「つまみぐい日記」もお楽しみに!


宗谷岬の漁師さん
過去の記事