ADのつまみ食い日記

第7回 ADのつまみ食い日記

第7回

本日ハ晴天ナリ。
いや~やっぱりロケは晴れでないと。
ロケ!夏!海!うまいもの!と4拍子揃い、くいしん坊!クルーはテンションが上がっておりました。というのも、奈良、稚内と2回続けて、いや正確にはロケハンも含めると4回続けて雨だったのです。はじめは「奈良は今日も雨だった」とか言って長崎をもじったりして遊んでいましたが、「稚内は今日も雨」の場合は飛行機が着陸しないわけで、1日かけてバスで移動するはめになってしまい、あげく、東京に帰ってきたら帰ってきたで雨に降られ、迎えのドライバーさんに「さっきまで晴れていたんですけどね~」といわれる始末。さすがに「雨男」探しがはじまり、当初は新加入の私が疑われたのですが、僕はけっこう自信のある晴れ男であり、そういえばロケハンでも降られるってことはOディレクターが怪しいぞってことになり、Oさんも僕と同じ時にこの番組に戻ってこられたので半ば押し切られるような形で雨男に認定されたのですが、そうなると不思議に本人も自覚してしまい、お祓いに行くとか雨除けのおまもりをもらうとかをされていたのです。でも全く効果なし、しかし今回はどういうわけかドピーカン。密かに今回不参加のヒゲのスチールカメラマンが原因ではないかと思っているのです。
アサリ料理
さて、東京から約1時間、横須賀は新安浦港というところにやってきまして、今回は漁協の方々にアサリとアナゴをごちそうになりました。 まずアサリですが、この辺りで獲れるものは1つ1つの粒が大きく、食べ応えがあり、かといって決して大味ではなく、うまさの分だけ身も大きくなったようなアサリなのです。僕は山育ちのため、磯臭いのが苦手で、魚介類でもアサリのような磯の匂いをプンプンさせているようなものは好んで食べなかったのですが、ここ横須賀の猿島は水が良いのか磯臭いことはほとんどなく、美味しかったです。 アサリ料理アサリの酒蒸しといり煮丼をいただいたのですが、酒蒸しは酒だけで味付けしたとは思えないほど濃厚な味がして、ビールがあったら最高です。いり煮丼は、煮付けたアサリを卵でとじて柳川鍋風にしたものをご飯にのせた感じなのですが、アサリがこんなに存在感があると、親子丼の鶏に近いようなしっかりした噛み応えで、ごはんは何杯でもいけます。・・・それはウソです。最近は3杯くらいが限度です・・・。
アナゴ料理お次はアナゴです。鮨屋や料理屋に行けばけっこう値の張るアナゴですが、今日は食べ放題。蒲焼き、白焼き、アナゴめしと贅沢すぎて後で天罰が下るのではないか?!と不安です。写真は病み上がりのEプロデューサーが、箸入れの為に一口かじれということで私、蒲焼きを食べちゃっております。Eさんシブい顔しています。
アナゴめし 僕はアナゴめしがかなり気に入り、というのもまぶすアナゴの量がどっさりで、しかもふわふわしていて味付けが甘すぎず辛すぎず、絶妙で、"やめられない とまらない"○○○えびせん状態だったのです。
アナゴ料理そんなこんなでロケ中走り回り、間に軽くつまみぐい等していたらあっという間に夕方になり、気付くともう手遅れ、みんな酒も入ってないのに山の猿より赤い顔をして日焼け。その日の風呂はヒリヒリしてたまらなかったことはいうまでもありません。でも、その後のビールは体が熱い分だけうまかったのです。

過去の記事