3番いってきまぁ〜す

アフレコ現場に突入!

バラエティ
3番いってきまぁ〜す
放送局
J:COMをはじめとする全国のケーブルテレビ/女性チャンネル♪LaLaTV
放送日
放送終了女性チャンネル♪LaLaTV にて ほぼ毎日放送中!※詳しくは公式ホームページの放送スケジュールをご覧ください。
公式ホームページはこちら

「女性チャンネル♪LaLaTV」内で放送される番組を、アニメーションの進行で紹介する番組「3番いってきまぁ〜す」 。
この楽しく軽快な番組はどのように作られているのでしょうか。アフレコの現場にお邪魔し、
3時間を超える真剣な録音のあと、お話を聞かせていただきました! (敬称略)

talk.jpg

このキャラクターたちはどのように生まれたのですか?

春日森:そうですね...一番初めにプロットをいただきまして、女性向けということでお話を伺った時に、3つ程パターンはつくったんですね。
・今回のものと、
・長身の八頭身くらいのLALAYO、LALAMIがいて、
・もうひとつは水彩画のちょっとほや〜んとした癒し系のLALAYO、LALAMIがいたんですよ
LALAMI:見て見た〜い
性格もそれからつけていこうと思っていたので、今回採用していただいたキャラクターがたぶん一番動きやすいというか、なんかこうハキハキしているし、きびきび演技もできるし一番やりやすいんじゃないかということで今回のキャラクターになりました。

備品たちが擬人化されているのが印象的ですが、普段の生活でも電化製品を可愛いがっているのですか?

春日森:んーっと...
今のところパソコンだけは商売道具なのでまぁかわいがってはいるところですけどね。
それ意外は...3ban2.jpgあ!あれですね自動掃除機の●ンバだけはかわいいなと。
一同:あぁ〜!
LALAYO:かわいいですね〜
春日森:なでなでしたくなる。途中でいすの下でひっかかったりするから助けてやらないといけない。
「道をつくってあげないと」「自動なのにぃ」「そのうち3番いってきますにも登場しますか」「かもしんないっすね のちのち」

少し変わったテイストの番組ですが、ココだけは見といて!というポイントはありますか?

春日森:情報番組なので普通のアニメーションの制作スピードでは追いつかないんですよ。で、それをフラッシュアニメとあと背景を実写で共同テレビさんで撮らせていただいたので、それを使ってやっていけているというのが個性があっておもしろいだろうなと...

画づくりはどんな環境でされているのですか?

春日森:パソコン1台で僕1人でつくっています。ほとんど。長編アニメをつくるときはアシスタントさんとかにお願いすることもあるのですが、今回は画づくりに関しては僕一人でやっています。

苦労された点はありますか?

春日森:情報番組なのでギリギリにならないと最終的に出すべき情報がわからないというのがあるので、そこを入れ込むまでに他の作業を進めておくというスケジュールの段取りが、このお仕事だと大変かなという...

LALAMI:「お一人でやっているとどれくらいかかるものなんですか?あ、聞いちゃった〜」

春日森:だいたい3週間くらいですね。3週間の中で画もつくりますし音楽もBGMとか効果音とかも自分で入れていくのでまぁ大変というか...

一同:たいへんですよねぇ〜!
八百板:次にどんな番宣を織り込むかということを、約1か月半前に話が来て、で、それでストーリーを作っていってあとは微調整をしていこうと。
ギリギリまで何が入るか決まらないというような話もあったりするから、ギリギリになって取りやめるとか、この部分を少しだけ延してくださいとか。そういうオーダーをするのでそういう微調整は大変だろうな。3ban3.jpg
ララ部長:前、こんな白髪多くありませんでした。僕は結構長い付き合いになりますけど。
八百板:今日一気に白くなったんではなくて?笑

女性専用のチャンネルということで女性の視点から何か気を付けられていることは?

春日森:画づくりのなかで結構気を使っているというか、こだわっているのは、最後私服になるんですよ。
一同:あぁ〜!
LALAMI:おしゃれですよね!
春日森:毎回変えているんですよね。2か月に1回(更新)なので夏に冬服を着ていたらおかしいし、
LALAYO:たしかに
春日森:帰るときに制服を着ているのもおかしいので、
一同:あぁ〜

そこは結構いろいろ調べて、かわいい服を選んで描いてますね。
LALAMI:帽子とかもかわいかったり、今日のシーンだと、突撃するオープニングのところでアーミーのヘルメットかぶってたり、すっごい凝ってらっしゃるんですよ。今回のララ姉の衣装もびっくりみたいな。

ララ姉:ゴージャスでしたね
八百板:水着もね
ララ姉:あ、水着もありましたね!
「あったねー」「あったあった」「しかもビキニだったからね」「ちょっとお肉がデリーってなってるかんじで」
「いいのかなこんなにさらしてと思いましたけど」

なぜビキニをチョイスされたんですか?

春日森:日光浴なので...一応グラビアアイドルの呈での脚本だったのでそこはビキニにしました。

今後の展開を教えてください。

春日森:ララ彦という副社長が現れて、どうやら過去にララ姉と恋仲だったんじゃないかというような話で今回止まっているのですが、rarahiko.jpgその過去が暴かれるのかどうなのか。
あと、2回目のところでララ部長の嫁さんが電話に出てるんですけれども、その嫁さんが今後どうなるかと...

えーっ!」「(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)」「そうなんだ!びっくりしました」「そうなんですか、思わぬところで
八百板:あともう一個ある。ブラッド・ポットとユ・ビョンホンの関係も、ちょっとほぉを赤らめた2人が...2人じゃないな
ララ部長:2基、2基というか2体...「2体」
八百板:あやしいんじゃないかという、そっちに発展するんじゃない...かもしれない
「ライバルではなかったんですね」
春日森:最初はライバルだったんですけど、そこから芽生えた愛情という...2基とも♂なんですよね」
ララ部長:それ、両方とも僕がやってるから1人でこう...恋愛になるかもしれないですね。「絡みシーンが出てくるかもね

キャラクターに声を吹き込むときに意識されていることは?

LALAMI:最初にLALAMIちゃんを見たときに、LALAMIちゃんのキャラをこれ以下にしちゃいけないと思って、これ以上に可愛くするにはどうしようと思ったのと、
でもやっぱり女性チャンネルというので天然だけど女性に反感買っちゃいけない程度とか
あと私はもともとナレーターというより声優メインでやっているので感情に走るとこれ情報番組なのに聞き取りにくいといけないのでそこをちょっと半分いつものセリフよりはナレーションよりというかはっきりさせたほうがいいんだろうなとかそのミックス具合とかに気をつけてます。

一同: すごい〜「すごい優秀なコメントが最初にでたね、あと言いずらいね(笑)」
あとそうそう、元をどう超えるか!」「そうか、仮声が入っている
LALAMI:仮声が入っているというのはふつうないんですよ。それが入っていて、すっごく面白いんですよ、仮声が。

これをどう超えるかですね、勝負ですね。3ban1のコピー.jpg

あ、確かにそうかもね
ララ部長:春日森さん元演劇部ですから。
「やっぱりー!」「そうなんだ!だから!」「すっごい面白いんだもん」

春日森:いやー、そんなんあれですよ、高校でやったくらいのたいしたことない...
八百板:でも「ララ彦は俺しかいないっ」ていってたから!(笑)
春日森:それはなんか別の理由ですよ...予算とか...
八百板:なぜか、ララ彦は坂本さんとかそういう話?
ララ部長:もうね、基本ああいう役はね、春日森さんのほうがきっとうまい。
春日森:イケメンキャラもできるっちゃできるけどね。
LALAMI:香盤表で微妙に空いてたのが気になってて。ララ彦のところ。声優と役名が対比で書いてあるんですけどららひこのところだけ微妙な空欄になってて思わせぶりだったんです。
サ○エさんの【タマ:?】みたいなもんですよね


LALAYO:LALAYOはですね、等身大の私に近いので、それもラッキーと思って生かしつつ、かつ女性の同意もえられるように、わたしよりちょっとうえの世代のおばちゃん臭さも出しつつ、でも若くいたいのよっていう、その感じを出しているつもりなんですけど...
LALAMI:出てますよ☆
LALAYO:ありがとう...やさしいんですよ、LALAMIちゃんはね〜☆
そういう感じですね、、情報番組なんでね、以下同文(笑) 滑舌はもちろんのこと、何を紹介しているのかというのはわからないと意味がないのでそこはちょっと意識しています。はい。

ララ部長:僕は何役かをやらせていただいているので、どれかにエネルギーを傾注するという感じではないんですけど最初に「クモじい」という役のときに、kumojii.jpg大滝さんっぽくというリクエストがあったので内面的なことよりも、ともかく声を似せなきゃという、そういう「形」から入っていきまして。どの役も「○○風とかどうですかね」みたいなアプローチだったんですよね。

僕の本業は声優さんではなく芸人なので、なのでそこはいい意味で抵抗感はなかったですね。回を重ねていくとだんだん愛着というか沸いてくるし、ララ部長が悲哀がね、感じられるんですよ。ララ部長は哀愁を感じますよね。さっき奥さんがまた、もしかしたら出るかもという話もありましたが、深くなっていくんじゃないかと思って、ララ部長の世界がね。3人がちゃんとした情報を出す分、コメディーリリーフ的に出てくるんでしょうね。そういう部分は大事にしたいと思いますけど。

あとは、老け役のキャラとかだと、アニメなのに溜めちゃうんですよね。テンポとか間とかも溜めちゃうから、こぼさないようにしなきゃいけないなっていうのはやっぱり「気をつけよ。」って、今後なお一層気を付けたいと思いますね。

あと入り時間の確認はちゃんとして...
一同:(笑)
ララ部長:必ずしておかなければいけないなということがありますね。今日だけなんですけど...

ララ姉:ララ姉は2人とクモじいが情報系を伝えていたので、私はコメディー担当なんだなと思っていたので結構自由にいろいろできるんだろうと思ってやってたんですけど、だんだん話が今日急に台詞がばーんと増えて、急に情報系もやるようになってきたので「あ!これは違うんだな、私もちゃんと情報を伝えなきゃいけないし」

あと、謎な女性なので、その謎な部分を「おっ!」と思ってもらえるように今後できたらいいな〜と思って、ただのコメディーの人っていうだけじゃないように気を付けてます。raranei.jpg

八百板:最初キャラづくりにちょっと苦労したんだよね。
ララ姉:そうですね、自分にないキャラだったので、スタジオでちょっと教えてもらって作っていきました。あまりやったことのないキャラだったので。
なかなかないよね〜たぶん」「ちょっとびっくりしましたけど
ララ姉:どうですか、イメージ近くなってきてますか?
八百板:今日の、ララ姉がちょっとあか抜けた感になってきて、LALAYO、LALAMIと仲良くなってきたっていう状態のキャラはいい感じ。
ララ姉:こっからですね、きっと!って思います。はいっ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
とにかく何かの拍子にわいわい盛り上がる楽しい現場でした。
これからもこのメンバーによって作り出される世界観を楽しみたいと思います。
次回からも乞うご期待!

スタッフ

LALAYO 宮崎康代
LALAMI 志摩淳
ララ部長・クモじい 坂本頼光
ララ姉デラックス 森沢幸
ララ彦 春日森春木

企画 栗原美和子
アニメーション監督・キャラクターデザイン 春日森春木
プロデューサー 八百板慎一
アニメーションプロデュース・脚本 池田裕幾
AP 綾田舞