• ビジネスフォーカス
  • ドラマ・映画
  • バラエティ・ドキュメンタリー
  • 映像制作
  • 撮影・中継・編集
  • イベント制作
  • English
  • 한국어
バラエティ

ホーム > バラエティ・ドキュメンタリー > 情報・バラエティ > 男たちのクレド > 第18回 日本酒造青年協議会会長 市島健二氏

男たちのクレド

男たちのクレド

第18回 日本酒造青年協議会会長 市島健二氏

2011年02月10日 更新

第18回は、日本酒を新たなアプローチで世界に広めている、日本酒造青年協議会会長 市島健二氏にその揺るぎないクレドを語ってもらう。

日本酒造青年協議会会長 市島健二氏

今回は、日本酒造青年協議会会長、市島酒造株式会社社長 市島健二氏を訪ねてお話をお伺いしました。市島さんは叔父さまがドイツ留学されていたこともあり、若い頃から外の世界を知っていたほうがいいということで、4年間アメリカに留学されていたそうです。其の中で、アメリカでは若い方の初デートはほぼ100%日本食だということに気付いたそうです。テレビドラマでも「私たち寿司デートの時代は終わったの」という言い方出てくるほどポピュラーだそうです。かつて、日本では焼肉屋でデートするカップルは深い関係だという説がありましたが、土地土地でその土地ならではのトレンドがあるんですね。

ストライプスーツ

さて、今回の<ビジネスファッション豆知識>は、ストライプスーツのお話でした。ドットからなるピンストライプを着られるビジネスマンは日本でも多く見かけるようになりましたが、イギリスではもっとはっきりしたペンシルストライプを着こなすビジネスマンも多いようで、サビルロウストリートの老舗テーラーでもお勧めされました。伝統を重んじながらもお洒落を楽しむイギリス紳士に近づきたいものです。
―自国の伝統と文化と同じように他国の伝統と文化を重んじる時、お互いの理解が生まれる―

男たちのクレド ホームページはこちら