• ビジネスフォーカス
  • ドラマ・映画
  • バラエティ・ドキュメンタリー
  • 映像制作
  • 撮影・中継・編集
  • イベント制作
  • English
  • 한국어
バラエティ

ホーム > バラエティ・ドキュメンタリー > 情報・バラエティ > Jブンガク

Jブンガク Jブンガク

Jブンガク
放送局
NHK教育
放送日
<放送終了>毎週火~金曜日 0:25~0:30 (毎週月~木曜日・深夜)
再放送 翌週月~木曜日 6:40~6:45 13:50~13:55

番組紹介

Jブンガクとは

まずこの一見不可思議な番組タイトルからご説明申しあげましょう。「J」は、Japanの「J」、つまり、「日本の」という意味です。では何故、「文学」ではなく「ブンガク」なのかと申しますと、従来の日本的な視点からではなく、海外からの視点で、日本文学の魅力に気づく。そんな番組をお届けしたいという思いから生まれた番組だからなのです。

世界が愛したニホンの感性

今回のシリーズは、「近代文学」がテーマ。太宰治に森鴎外、夏目漱石など、何でもない日常や、ありふれた市井の人々の姿を鮮やかに描く独特の感性が、文学を愛する世界中の人々を魅了してきました。それは、外国語に翻訳しても伝わる普遍的な何かが、そこに描かれているからに違いありません。日本語から読み取れるものと、英語から読み取れるものを鏡のように照らし合わせることで、日本文学の新たな魅力をお伝えしたいと思います。

「文学」と「ブンガク」のデュアルワールドへ!

それぞれの作品の世界をより深く味わっていただくために、今回のシリーズでは、一つの作品を2週にわたって取り上げます。MCには、前回のシリーズに引き続いてロバート・キャンベル先生、さらに、モデル・女優として人気の杏さんに、若い世代を代表する読書家として加わっていただきます。加賀美セイラさんの朗読も、英語が新鮮な音の調べとなって、作品の新たな魅力を際立たせます。
白いウサギを追いかけて不思議の国に迷い込むアリスのように、キャンベル先生の案内でブンガクの国に引き込まれていく杏さん・・・。みなさんもご一緒に、底無しのブンガクの世界へと迷い込んでみませんか。慣れ親しんだ日常が、違った風景に見えてくるかもしれませんよ。
日本語と英語でお楽しみいただく、"世界が愛したニホンの感性"。ご期待ください。

日本放送協会

キャスト

MCロバート・キャンベル(Robert Campbell) 東京大学大学院総合文化研究科教授
杏(Anne)モデル、女優
英語朗読加賀美セイラ(Kagami Seira)モデル、女優、歌手