バラエティ演出 竹内康人 第2制作部。キャリア19年。「ビューティーコロシアム」「中居正広の世界のスゲエ・ココまで調べました」他の演出を担当。

バラエティ演出 竹内康人

竹内 僕はもともと、この会社に入ったモチベーションというのは、ドラマがやりたくてやりたくてしょうがなかったんです。あの月9がSTARTし始めてうちの社長が作った『ハートに火をつけて』とか『抱きしめたい』とか、ああいうのを見て、やっぱドラマって良いなー、と思って入った。だけど皆もドラマに入りたくて、ドラマはドラマで全員入れるわけにはいかないから、という事でとりあえず研修を三ヶ月近くした上で、みんな方々に散っていくというかたちの中で、僕は言ってしまえばある意味悔しい思いをして『NG大賞』という番組に行ったわけです。で、正直最初もの凄くふてくされた部分もあったわけです。
「やりたかったなチキショー」という。
でも、やっていくうちに、まぁ1年目2年目じゃないですか。
なんで、求められているスキルなんて解らないわけなんだけれども、面白くなっちゃったんですよ。あの、星さんの『征服王』とか。

星   そのころだったんだ、『征服王』に来てくれたのが?

竹内 『征服王』の最初の2ヶ月とかです。

星   右も左も解らないわけだよね(笑)

竹内 僕は星さんのイメージって、セットの上で僕が寝ている所を頭を叩かれたっていう…。番組収録中に4mほどのタワーみたいのがあって。

星   人間チェスみたいのをやっていて、ヨロイ兜とかウマの頭とかを被ったエキストラ達がチェスみたいに立っていて、文化人のゲストが(セットの塔の上で)チェスみたいにゲームするんだけど、そのゲストを補佐する役目の彼が寝てたと。今から申し訳なく想っているけど「おい起きろよ」とバーンとやっちゃった訳です。

竹内 で、そん時いろいろあったんだけど『征服王』というのは僕の中で根本的に今この業界にいる一つの意味というか、そういうものになっていて、原体験というと。単純に面白いと想ったんですよ。やってて、刺激的だし。で、馬鹿みたいじゃないですか。星さんすみませんね。

星   いやいや馬鹿みたいなんだよ。(その時の馬の)かぶり物とヨロイがうちにもまだ二体あって、三人掛けのソファに座らせてるから、あと1つしか座る所ないという(笑)。

竹内 僕の最初のリアル現場ってそれで、
それまでドラマで3ヶ月とか研修でついてたけど、たいした事やらせてもらえなかった。トイレで弁当食ってたりして。

竹内 それから星さん、杉本達さんと『征服王』やらせてもらうことになった。
で、そんときに僕はテレビって面白いなって思ったんです。作るの面白いなって。
で、星さんもそんときすごく面白くって、『征服王』やってる隣のスタジオで『僕たちのドラマシリーズ』をやっていてたんです。

星   その時が僕の初めての連ドラだったんだよね。
で、今野とかがたまたま隣のスタジオで撮ってたの。

竹内 行ったり来たりしてたじゃないですか。

星   だって隣のモニターがちっさく出てるじゃない。それが出てると自分の意図と違うと許せなくなっちゃって。だから(ドラマのほうは)指示だけ出しといて、照明の待ちの時間に「ちょっとすみません」とか言って(走った)。

竹内 で、となりで大物女優とか待たせてるんですよ?(笑)

星   照明待ちの時だよ!

竹内 それをね、入って3、4ヶ月とかで体験できたんですよ。僕は。
コレってものすごく刺激的で、多分他の制作会社でもこんな撮り方してるのない。
で、なかでボロボロになってやってるなかで
テレビ=面白いって初めて体験したのが『征服王』なんです。

竹内 まだいまだにスパルキア軍のやつとってますから。青いやつ。
あれ見るたびに思い出すんです。あれは忘れちゃいけないな、と思うし。
あの時はADだったんですよ。
ああやって楽しんで。
いま、徹夜がつらいとかいって眉間にしわ寄せて作ってる人間いるけど。

星   僕も徹夜あったけど、それはそれで面白かったけど。

竹内 でも、そういうのってそんなにないですよ、多分。一人の演出家が(二つの)副調室の卓を行ったり来たりしながら片やドラマ撮って、片やクソ馬鹿みたいな(笑)、もうイッちゃってるもん撮ってる訳ですよ、はっきり言って。本広さんとか杉本さんとか皆おんなじようなところにいたし、僕はもうあの刺激的なあの一年があって。それが今、楽しく作ろうっていうか。面白くて、まぁ数字とらなくちゃいけないけれども、自分も楽しくなくちゃ面白くないじゃん、ていう部分に結構繋がってるんですよ。だから僕はそれ以降、実はドラマに行きたいって一言も言ってないんですよ。面白いじゃん、って。それがやっぱり僕の原点なんで、って。

だから僕は作ってる作品の説明は一切しません。
そういうのが僕なんです。

佃   でもほら、この間、サルを撮ったじゃないですか。ブラジルで。

星   サル?

竹内 ブラジル行ったのですよ。○○の○○で。そしたら、新種のサルを発見しちゃって…

星   えっ、新種のサルって?

竹内 それは──