きつねや

さて、今回は、"行列のできる名店"の紹介です。
築地場外市場、新大橋通り沿いには、屋台風のお店が何件も並んでいますが、その中にあるのが今回紹介する「きつねや」さん。

この写真、昼時を過ぎた1時半頃に撮影したものですが、御覧の通りまだ行列が。まだまだ寒い季節、ぐつぐつ煮込まれたホルモンの鍋がたまらなく食欲をそそります。通り沿いに置かれたカウンターで味わうこのスタイル、日本はアジアだってこと思い知らされますよね~。

クロスメディア事業室の相澤Pのお気に入りの店で、多い時には週一で通っているとか。
相澤P曰く、「他では食べられないホルモン丼が絶品」なのだそうです。

三代目店長 宇治毅さん

ホルモン丼 750円

聞く所によると、関西方面ではこうしたホルモン丼(関西では"モツ丼"と言うらしいですが)はかなりメジャーらしいのですが、関東で食べられるのはやはりここくらいなのだそうです。

そもそもこのきつねやさん、戦後間もない頃に宇治さんのおじいさんが開業し、宇治さんで3代目になるんですって。

おじいさんが作っていた頃と変わらない味を守り続けて約半世紀、行列のできるホルモン丼は、まさに老舗の伝統の味だったんですね。

肉どうふ 550円

ちなみにもう一つ人気なのが、こちらの肉豆腐。見てくださいこのボリューム。味も決してしつこくなく、甘すぎず辛すぎず、丁寧に煮込まれた一品です。ご飯と一緒に昼メシにするもよし、寒い日に真昼間から熱燗と一緒に味わうもよし。