収録現場見学日記!【極皿/カツカレー編】

2016.07.20

「極皿〜食の因数分解/カツカレー編」収録現場取材

「明日、9:15に、八丁堀の【ロダン】にお願いします!」と風間P。
「カツカレーですね!よろしくお願いします!」

ちょうど通勤時間帯ということもあって、途中どの駅も仕事へ向かう人たちの多いこと。
マスゲームのように人が行き交い、とめどなく電車がホームに入ってきては出て行って、
しばらくするとまた新しい人の列が出来て、また電車が来ては乗り込んでいく。なんだか街の流れがおもしろい。

そんなことを考えながら八丁堀に到着。梅雨だというのに朝からしっかり太陽が照って、これは絶好のカレー日和です。

ロダンは八丁堀にあるカレー専門店。
入り口からちょっと不思議な清々しい空気に包まれているのは、お店の周りに茂っている樹々のおかげでしょうか。
そこだけ別の空間が広がっているような可愛らしい世界観が素敵です。

ロダン

早速店舗の二階をお借りして打合せスタート。
今回出演いただくのは、ご自身もカレー店を経営されている松尾貴史さんと、
番組でおなじみ、タベアルキストで味の手帖編集顧問・主筆のマッキー牧元さん。
一階の厨房から溢れでるカレーの香りが二階にも充満し、たまらない幸福感を誘う中、打合せのテンションも上がります!
お二人の息もピッタリな感じ。

ロダン ロダン

一階の準備が整い、いよいよ収録へ。一階の店内も、個性的でセンスのいい柔らかい雰囲気が漂っています。
外観と同じく少し不思議な、癖になる感じ。
収録スタッフたちもカレーの香りに後押しされてか気分は上々。撮り逃した山本カメラマンのピース写真が惜しまれます。

 巨匠 極皿スタッフ 山田さん

穏やかにスタートした収録では、マッキーさんのお作法トークが止まりません!
対する松尾さんも、お作法を一緒に楽しく掘り下げ、広げてくださって、見守るスタッフ達も一緒に試してみたくてウズウズ。
番組をご覧になる際に一緒にカツカレーをご用意いただけると倍楽しめそうです。

マッキーさんと松尾さん ロダンロケ

意外なところで共通のお作法をお持ちだったり、新しい発見があったりと、チャレンジ精神をもって日頃から食を本当に楽しんでらっしゃる様子が伝わってきます。そんなお二人の会話も弾み、お作法に沿ってカレーも完食。あっという間に収録も終了。お疲れさまでした。

楽しかったトークの余韻に浸りながらお2人を見送って時計を見るともうお昼どき。そんなときスタッフから夢のような言葉が!「カレー食べたい方~!」もちろん全員「はーい!」

収録現場へお邪魔するようになってスタッフ全員でテーブルを囲めたのは始めてのこと。みんなうっきうきです。もちろんお作法、みんなで実践しました。本当に美味しいカレー。お店の方々、ありがとうございました。

集合写真 ロダンのカレー

嬉しすぎて記念撮影させてもらっちゃいました。
実は今回の「カツカレー編」で、番組はしばしのお休みに入ります。次の放送は10月。
また楽しい現場に伺える日を心待ちにしています☆

と!そうこうしているうちにお店には通常のお客様方であっという間に満員!行列も。
そこで見えてきたのが、お店のスタッフさん達の並々ならぬ連携プレー!

ロダンスタッフさん ロダンスタッフさん

ロダンスタッフさん ロダンスタッフさん

ロダンスタッフさん ロダン厨房

ハキハキして作業も手早くて皆さんとっても明るくてキュート。笑い声も溢れます。
これはカレーだけじゃないファンもきっといるなと確信しながら店舗の外に出ました。

あじさい

グループの方、一人の方、女の子も、サラリーマンも、出てくる人みんな満足気。
みんなのお昼休みに元気をありがとうございます。
極皿スタッフ、10月からもがんばります!

極皿〜食の因数分解 BSフジにて 10月より毎月放送です。