第1回:「わんこをかわいく撮る方法」中級編

2011.04.26

このコーナーでは共同テレビ映像取材部のカメラマンが、日頃のホームビデオ撮影で役に立つ撮影テクニックをみなさんに伝授します。

身近にある意外なものを使い、撮影場所の環境を活かすことで何気ない映像にアクセントを加えてみましょう。ちょっとした工夫があなたの映像センスを磨きます!

散歩撮影のコツ

我が家の愛犬ラッキーが最も生き生きとしていた時間。それは散歩です。北極点を目指す犬ぞり隊の一犬になれるのではないか、と思うほどぐいぐいと、疲れを見せず散歩していたものです。体毛を風にそよがせ、口から舌を出し、ゼーゼー言いながら、駆け続ける。

あのエネルギーはどこから来たのか。なぜあんなにも走ろうとしたのか。サケが生まれ育った川へ帰っていくような、本能からくる行動なのでしょうか。走る動物わんこ。その生命力あふれる姿が「散歩」にはあります。

わんこの魅力がほとばしる「散歩」。しかしそれを映像に収めるのは簡単ではありません。なぜなら、被写体であるわんこが動き続けるからです。一筋縄ではいかないわんこの「散歩」撮影。

そんな散歩撮影のコツを、わんこカメラマン・大津先生に聞いてみましょう。

大津先生

初級編でも解説しましたが、ブレを抑える

ということが散歩撮影ではより重要になります。特に散歩するわんことともに撮影者も移動するという併走撮影は、わんこの疾走感あふれる映像が撮影できる反面、撮影者がブレを抑えることが非常に難しい撮影でもあります。

まず散歩撮影する際は、膝を曲げて、ドタバタしないようソフトに動いてください。

NO!ドタバタ

NO!ドタバタ

カメラの持ち方は人それぞれです。両手で持つ。カメラを持たない左手を動かしバランスを取る。これは体験し、試行錯誤しながら自分がうまくやれる方法を見つけていくしかありません。一度コツを覚えれば、わんこ撮影だけでなくあらゆる撮影に応用する事が出来るので、努力して損はありません。

両手で持つ

両手で持つ

左手でバランスを取る

左手でバランスを取る

わんこと散歩する人にはリードを短く持ってもらってください。わんこが動く範囲が狭まるので、撮影しやすくなります。わんこの正面や背後にカメラがくることを嫌がるわんこもいます。その際はわんこから距離をおいて撮影してください。

リードを短く持ってもらう

リードを短く持ってもらう

リードを短く持ってもらう

リードを短く持ってもらう

カメラはローアングルで構えたほうが動きやすい、と同時に超ローアングルの「わんこ目線」にカメラがあると、カメラが看板や自転車のペダル、人の足などとすれ違うとき、スレスレをすり抜けるスピード感ある撮影ができます。

散歩撮影時注意することは、撮影に集中するあまり、まわりのことに気がつかず人やものにぶつかってしまい、自分や他人がけがをしてしまうことです。

わんこと併走撮影する際は、撮影を客観的に見てくれる友人・家族がいると安心です。

次回上級編は「編集を意識した撮影の仕方」です!

※PCではFLASHコンテンツを見ることができます。