第1回:「わんこをかわいく撮る方法」上級編

2011.04.26

このコーナーでは共同テレビ映像取材部のカメラマンが、日頃のホームビデオ撮影で役に立つ撮影テクニックをみなさんに伝授します。

身近にある意外なものを使い、撮影場所の環境を活かすことで何気ない映像にアクセントを加えてみましょう。ちょっとした工夫があなたの映像センスを磨きます!

「編集」を意識した撮影の仕方

我が家のわんこをうまく撮影できたら、それを誰かに見せたくなりますよね。

いくら我が家のわんこがかわいいといっても、撮影したものを全て見せる、というのは、やはり酷というものです。

撮影したものの中から、いいシーンだけを抜き、なおかつそこにストーリーを持たせる、という「編集」を意識した撮影の仕方を、今回の上級編では学んでいきたいと思います。

大津先生

今回も講師は、わんこカメラマン、大津先生です。

「編集」ということを意識して「わんこ」を撮影する際、注意することは何でしょう?

ついついかわいいので「わんこ」ばかり撮影してしまいがちになりますが、「わんこ」がどういうところで生活をしているか、という「わんこ」の環境を見せて下さい。普段「わんこ」がいる場所から少し離れて、カメラも広い画角で撮影すると、わんこの生活環境が見えてきます。近所の様子が見えるとなおささらわかりやすいですね。

わんこ  近所の様子

「わんこが輝いているとき、それは何をしているときですか?」

どんな撮り方をしようが、上手な編集をしようが、愛くるしいわんこの姿が撮影されたものほど、人をひきつけるものはありません。

「わんこ」が最も好きなことをしているとき。ぜひともこのときを撮影して下さい。最高にかわいい姿が収められているはずです。

ちなみに、鼻のとがった犬種は、斜めから撮るとかっこよく撮れます。丸顔の犬種は正面から撮影すると表情がかわいく撮影できます。人間の顔と一緒ですね。彫りが深い顔立ちは横顔が様になります。丸顔はだんぜん正面が魅力的ですもんね。

大津先生

ミニョンが大好きなことは散歩です。

人間同様、好きなことができるとわかった瞬間、うれしさが溢れ出るはずですので、リードをつなぐ瞬間は注意して撮影して下さい。

散歩を撮影するとき、わんこが散歩する様子を、いろいろな角度から、いろいろなサイズで撮影する>ことを意識して下さい。
同じ角度・同じサイズで3分間わんこの散歩する様子を撮影したとします。 その3分間が、他人に飽きさせることなく、そのまま見続けられるような映像であるには、よほどわんこがおもしろい動きをし続けるか、わんこの背景が興味深いものであるかが必要です。

ローアングルのわんこ目線で撮影

ローアングルのわんこ目線で撮影

俯瞰からも撮影

俯瞰からも撮影

横からの撮影で人の動きを見せる

横からの撮影で人の動きを見せる

横からの撮影で人の動きを見せる

少し離れてまわりの環境を見せる

近くで撮影しわんこの躍動感を見せる

近くで撮影しわんこの躍動感を見せる

大抵の場合、そのような状況に巡り会えることはそうそうないので、いろいろな角度、いろいろなサイズの映像を撮影することで、どのような季節のどのような時間帯に、どのような場所をわんこが散歩しているのか、をあらわしてみて下さい。そうすると飽きのこない散歩映像になっているはずです。

季節感を出すには。

季節感を出すには

桜のつぼみの画を見れば、春先だな、と即座に季節を想像できますね。
マンションにエアコン生活で、家の中で季節感を感じることが少なくなってきましたが、風鈴やこたつ、雛祭りの飾りや鍋を食べる家族、のような画で季節感を出すことができます。

では、ミニョンの散歩風景を編集したもの、見てみて下さい。

※PCではFLASHコンテンツを見ることができます。