NY「ラストラブ」編

2007.04.23

映画製作室 橋本芙美

2007年6月16日公開の映画「ラストラブ」(出演:田村正和、伊東美咲他/松竹系)の撮影で、2006年の秋にニューヨークへ行って参りました。その撮影スポットをいくつかご紹介します!

ジャズクラブ「BIRD LAND」

バードランドフラッグ

かつてNYのジャスサックスプレーヤーであった主人公が、5年ぶりに古巣を訪れるシーンを、ミッドタウンの老舗ジャズクラブ「BIRD LAND」の前で、日が落ちてから撮影した。

NYの夜は楽しい。

それぞれが深い時間まで思い思いの時間を過ごす。
生のジャズを聴きながらお酒を楽しんだり、ミュージカルを観たり、バーで過ごしたり、クラブで踊ったり...。街そのものからエネルギーを感じるNYの空気は、一度浸ると案外病みつきになるかもしれない。


バードランド前

バードランドネオン管

バードランドネオン管

バードランドネオン管

お店の反対側で待機中の照明部

お店の反対側で待機中の照明部

照明車が伸びてお店の入り口を照らす

照明車が伸びてお店の入り口を照らす

バードランド入り口前の撮影部

バードランド入り口前の撮影部

 

ブルックリンブリッジ公園

ブルックリンブリッジ外観

マンハッタンとブルックリンを繋ぐ大きな橋・ブルックリンブリッジの袂にある公園。あまりメジャーなスポットではないが、この公園から眺めるマンハッタンのビル群は絶景。

ここでは、結婚を控えたヒロインが、野外ウェディングパーティで盛り上がるニューヨーカー達の横を通りかかり、微笑ましげに見つめる場面を撮影。11月上旬とはいえ、ものすごく気温の低い1日であったが、そのせいか空気が澄み切って素敵な映像が撮れた。


公園から見たマンハッタン

公園から見たマンハッタン

橋の下のエキストラ

橋の下のエキストラ

橋をバックにスタンバイ中スタッフ

橋をバックにスタンバイ中スタッフ

バーラウンジ 「STONE ROSE」

ステージ上ミュージシャンと藤田監督(右端)

2004年に誕生した巨大複合ビルディング・「タイムワーナーセンター」。内部には、有名レストランやブランドショップ、イベントスペースなどがありいつも大勢の人で賑わっている。

その3階にあるのが、バーラウンジ「STONE ROSE」。ここでは、ステージを特設して主人公のNY復帰ライブのシーンを撮影した。

ステージの後ろにセントラルパークが一望できる、素晴らしい眺めの空間で、普段はまだ明るいうちからマダムたちやカップルなどがワインやカクテルを片手に、窓の方に向いたソファー席で優雅な時間を過ごしていたりする。


撮影隊越しステージ

撮影隊越しステージ

ストーンローズ前撮影部

ストーンローズ前撮影部

ストーンローズ特設ステージ

ストーンローズ特設ステージ

客席側エキストラ

客席側エキストラ

コロンバスサークル

コロンバスサークルで待機中のスタッフ

タイムワーナーセンターは、コロンバスサークルに面して建てられている。ほんの3年前は、ここはまだ工事中でどちらかというと殺伐とした雰囲気であったのが、今では全身ガラス張りの眩しい巨大ビルが聳え立っているのである。

中央のコロンブス像が、前に訪れた時よりも妙に小さく見えた。平日の朝は、行き交う車と通勤の人たちに溢れ、大きなエネルギーの渦の中に巻き込まれたようになる。


コロンバスサークルと朝日

コロンバスサークルと朝日

コロンブス像とトラフィックジャム

コロンブス像とトラフィックジャム

コロンバスサークルのトラフィックジャム

コロンバスサークルのトラフィックジャム

聖トリニティ・ルター教会

聖トリニティ・ルター教会外観

セントラルパークの西側、アッパーウェスト65丁目に位置する教会。

ここでは、ヒロインが結婚式場の候補として探していた教会を、NYの地理に詳しい主人公が親切に案内してあげるシーンを撮影。

5年前に妻を亡くした50代後半の主人公と、結婚を間近に控えた20代後半のヒロインが、お互いの結婚観について語り合う場面でもある。「ここで何千組もの夫婦が、永遠を誓い合った。果たせた夫婦がどれだけいるかはわからないがな...」と正和さん扮する主人公が冗談っぽく言うのが印象的なシーン。

マンハッタンには、大都会の雰囲気の中に荘厳な建築の教会が点在している。そのギャップもまたNYらしい。


教会内スタッフ

教会内スタッフ

教会窓

教会窓

ステンドグラス

ステンドグラス

ステンドグラス

ステンドグラス

セントラルパーク

パーク内スタッフ

季節は紅葉の真っ只中。木々の葉を通して、陽の光が当たり一面を黄金に染めている。

秋は、マンハッタンが最も美しい時期である。撮影をしていることを忘れて、まるでハリウッドのラブストーリーの世界に入り込んだような錯覚を覚えた。ここでは、主人公とヒロインが紆余曲折を経て再会するクライマックスシーンを撮影。

美しい木立をバックに、年を重ねても全く色気の褪せない田村正和さんと、ずっと見ていても飽きないほど美しい伊東美咲さんが抱き合う光景は、誰もがうっとり。ちなみに、ここでのロケ中にあのハリウッドの大物俳優、ダスティン・ホフマンが散歩しているところを目撃!マンハッタンでは、気づいたらレストランで隣の席に映画スターがいたなんてことがあったりするのも、嬉しい驚きの一つだったりする。

パーク内景観

パーク内景観

パーク内景観

パーク内景観