北欧とジブラルタル

2007.04.23

映像取材部 宮本 肇

こんにちは! 映像取材部、カメラマンの宮本肇と申します。
3月初旬から18日間の日程で北欧(スウェーデン、ノルウェー)とスペイン最南端に位置するジブラルタル(英国領)に取材に行ってきました。取材こぼれ話なんか紹介してみようと思います。

北欧編

スウェーデンの首都、ストックホルムです。

ノルウェー、スウェーデンは日本から直行便がないのでフィンランドのヘルシンキから乗り継ぎにて入国。

スウェーデンの首都、ストックホルム

写真はロケ初日なので、まだ余裕の笑顔です。この日はストックホルム市内を撮影後、17:00発の寝台列車に乗ってノルウェーのナルビックという北極圏に属する町まで20時間の移動!過酷な海外ロケの始まりです。


フィヨルド

ロケ3日目?だったかな?20時間の寝台列車移動の次は船をチャーターしてフィヨルドの撮影。移動列車内は撮影のため写真撮っている余裕はなし!

今回のロケは飛行機、鉄道、船と陸海空の移動及び撮影を制覇しました!

自らの記念写真も兼ねているので、なんとか笑顔を保っていますが、時差ボケと疲れで目の下にはクマができているはず・・・。


北欧撮影最終ポイント

北欧撮影最終ポイントです!眼下にフィヨルドと不凍湾をのぞむ絶景なるポイントです。

ん~、どうして笑顔なんでしょう?かなり疲れているはずなのに・・・。やっぱり人間ってカメラ向けられるとなかなかツライ顔できませんよね~。


氷でできたホテル

北欧ロケ最終日、全撮影終了後にスタッフ全員でやっと観光気分。スウェーデン、ユッカスヤルビという町にある氷でできたホテルを見に行きました。凍った川の氷を組み上げて作ったホテルです。

部屋のベッドも氷で作られていて、その上にトナカイの毛皮&寝袋で寝るらしいです。

冬季限定のホテルですが、毎年予約でいっぱいになるほどの人気なんだとか。世の中、物好きな人がいるもんですね!


氷のホテル内のバー

こちらは氷のホテル内のバーです。

柱からテーブルから全て氷でできています。おまけにグラスまで氷!

このグラスに入る酒の量はおちょこ二杯分くらいかな~。ウォッカ1杯、日本円にしてなんと2000円相当!スタッフ4人にて、この1杯を回し飲みしたのでありました。

ちなみにここのバーテンさん、完全防寒にてずっと立っていました。何時間交代勤務なんだろ!?


ジブラルタル編

ジブラルタル海峡

ジブラルタル海峡。この言葉は耳にしますよね。ジブラルタルとはスペイン最南端に位置するわずか6.5 km2 の英国領のことなんです。

この狭い領土の中にはちゃんと空港があり、なんと滑走路には普通の道路が交差しているんです。飛行機が着陸、離陸の時間になると人も車も赤信号で止められるんです。


ジブラルタルの先端から海峡を撮影

ジブラルタルの先端から海峡を撮影。およそ20km先の雲の先はアフリカ大陸です。この日は残念ながら雲に覆われてアフリカ大陸は見えませんでした。

後日かろうじて雲の隙間からアフリカ大陸を撮影することに成功!しかしながら、自分のデジカメで撮影する余裕はなし・・・。トホホ・・・。


スペイン名物「パエリア」

18日間の長いヨーロッパロケ最終日。最後の1週間はスペインと英国領ジブラルタルを行ったり来たり。

そこにはイミグレーションも税関もあり、その度に入国、機材の税関手続きをして大変でした。

写真は全てのロケ終了後にありつけたスペイン名物「パエリア」です!エビのダシがきいててなんとも美味!食べた瞬間、ロケの疲れが吹っ飛びました。海外ロケの醍醐味はやっぱり食ですよね~。