南アフリカ共和国

2010.10.07

映像取材部 石橋幸男

「S THE STORIES」
テレビ朝日放送(関東ローカル)毎週土曜 23:54~24:00
BS-朝日 毎週月曜日 23:25~23:30
取材日時 2010/06/09~06/26

南アフリカ共和国

第19回W杯の行われた南アフリカ共和国に行ってきました。W杯開催前から巷で話題になっていた治安の悪さは肌身で感じましたが、幸いにもアブない目には遭いませんでした。
すれ違う人は皆「シャープ、シャープ」という合言葉(現地で「よっしゃ!」のような意味)を投げかけてきます。接する人々は皆陽気で国民性はとても良い印象を受けました。
W杯期間中は、場所によっては雪がちらつくこともあり思ったより寒い思いをしました。

 

まずは俯瞰で

ケープタウン テーブルマウンテン ブルームフォンテン VSカメルーンのスタジアム

野生の王国

ブルームフォンテン近郊の自然公園 野生のキリンやゾウもこんな至近距離から。

ごはん

オーソドックスな定食屋でのビュッフェスタイルの昼食。左がおかずで右が主食。

おかず 主食

南米のサポーターはアツイ

VSオランダ戦のスタジアム ダーバン アルゼンチンサポーター ブラジルサポーター

ひとやすみ

バオバブの木の下で 長山ディレクターと 移動の途中で車がエンコ

ドライバーとコーディネーターには恵まれたが、車には恵まれなかった。

キッズ

キッズ

実は南アフリカではサッカーよりラグビーの方が人気がある。どちらかというとサッカーは黒人の子ども、ラグビーは白人の裕福層の子どものスポーツといったところか。