嶋田カメラマン世界へ!~前編~

2013.05.09

嶋田カメラマン世界へ!~前編~

共同テレビが誇る女性カメラマン・嶋田佳代子さんによる海外取材体験記です。
嶋田カメラマンは、めざましどようび「Top of the world」を、コーナー開始から担当。

これまで、イギリス、UAE、メキシコ、ニュージーランド、クック諸島、マレーシアを訪問。
今回は、アメリカのフロリダ、ニューオーリンズでの取材体験記です。どんな出来事があったのでしょうか?

嶋田です!昨年のコーナー開始から、イギリス、UAE、メキシコ、ニュージーランド、クック諸島、マレーシア、
番外編のディズニーワールドの撮影を担当してきました。今回はアメリカのフロリダと、ニューオーリンズです。

成田空港からアトランタを経由し、最初に降り立ったのはフォートローダーデール(フロリダ州の南、マイアミより少し北)という街でした。海が広がっていて、街中には運河が張り巡らされていて、まさに水の都。
日本人にはあまり知られていない街だと思いますが、温暖な気候も伴ってリゾート地だなあ、という印象です。

ここでは、世界最大のクルーズ船・オアシスオブザシーズや、英語でドローブリッジといわれる跳ね橋(写真は跳ね"線路"ですが)、運河を行き交う水上タクシーなどの取材などをしました。フォートローダーデールはカリブ海クルーズの拠点都市の一つで、たくさんの客船が港に出入りしていました。運河沿いにはセレブたちの別荘が並んでいて必ずと言っていいほど自家用クルーザーを保有しています。そのクルーザーやヨットが大きすぎて橋の下を通れないと開け閉めするのが跳ね橋。その開く瞬間は圧巻でした。

ここは、ケネディ宇宙センター。センター内では無重力体験をしたり、宇宙飛行士の訓練をちょっと体験できたり出来るスペースがあります。このディスカバリーの模型の中ではスペースシャトル打ち上げ体験ライドができます。なんといってもラッキーだったのが、夜に人工衛星の打ち上げを見れたこと。何度も見に来ても見られない人もいるらしく、一回見に来て見られるなんて、本当に運が良かった!風が強い日だったので打ち上げ確率は70%、と言われていて、微妙だなーと心配していたのですが、本当に良かったです。私たちの撮影期間中に打ち上げがあったというのもラッキー!もちろん一発勝負で撮影してたので、打ち上げの様子の写真はございません。

フロリダのクリスタルリバーというところで、朝早起きしてマナティに会ってきました。私は映像取材部の水中班にinしているのですが、このカメラは水中班の先輩と考えた、「1人2カメスタイル」。Top of のロケはカメラマン一人でロケに行くスタイルなので、持っていくカメラの大きさや機材量の限度もあり、撮影効率の良い方法をとっています。機材選びから撮影方法まで、いっぱい考えて撮影に臨みます。クリスタルリバーは野生のマナティが集まってくるスポットなのですが、気温が低い日でないとこのポイントにあまり現れません。マナティは気温が低いと、比較的水温の高い、ここにあったまりにやってくるのです。気温が下がってくれ〜とみんなで願っていたらなんとロケ日は寒くなり、たっくさんのマナティを見ることができました。またまたラッキー!私はウェットスーツの上にTV撮影クルーであるのがわかりやすいように、とのことで緑のベストを着させられてたんですが、マナティがどうやらこの色が好きらしく、ぐいぐい私に集まってきてしまって大変でした。でも、かわいかった!