嶋田カメラマンフランスへ!〜後編〜

2013.05.29

嶋田カメラマン、お次ぎは【ナント・パリ】へ! さすが芸術の都ですー!

レ・マシーン・ド・リル

ナントについて向かったのは、ロワール川の中州で、ナント島と呼ばれる所にある、「レ・マシーン・ド・リル」です。かつては造船所だったというこの場所には、ギャラリーや工房、公園もあり、多くの人でにぎわっていました。ちょうど四年前に横浜で開催された「開国博」に巨大な機械のクモが来たのを覚えていますか?そのクモを作ったアート集団がこの場所でたくさんの機械の生き物たちを製作しています。ギャラリーの中には""木のプロジェクトの建築模型もありました。文字通り、人が生活出来る木を作ろう、というプロジェクトが進んでいるようで(なんてアーティスティック!)、この模型の中にはお店があったり、庭があったり、遊歩道があったり・・完成したらすごいことになるなあ、と思いました。私のお気に入りはこのイモムシとアリ。両方ともこの木の中で走らせようとしている乗り物で、試乗することもできるんです。アリはサイズが小さくて大人には無理ですが。動きもとてもカワイイ!イモムシに乗ってカフェへお茶しに・・なんてことも近々あるのかな()
次に行ったのは機械の動物たちを製作真っ最中の工房。私の一番のお気に入りはこのラクダ!かわいくないですか?

レ・マシーン・ド・リル

そしてメインはこの巨大な機械のゾウ!動きが本物のゾウとそっくり。その技術に驚かされます。そしてこのゾウ、人が前に立つと鼻から水を吹きかけてきます。そこ通るからあぶないよ~というサインなのですが、私もひっかけられました()ちなみにこのゾウさん、人が乗ることができます。フランスのバカンスシーズンと重なっていたので、お子さんたちでとってもにぎわっていました。私も乗りましたが、とっても眺めがいいです。でも、降りてゾウをはたから見る方が楽しいかもしれません。本当に動きがそっくりなのですごいですよ!

モンサンミッシェル

世界遺産のモンサンミッシェルにも行きました。午前中に到着したら、笑っちゃうくらいの濃霧で全景が全く見えません。今回の旅はお天気に恵まれないな~と思っていたら、午後にはあり得ないくらいの快晴!一番上の修道院をめざします。が、中は坂道&階段の連続。なかなかのいい運動です。修道院に着いて中に入るととても荘厳な雰囲気(写真がなくてごめんなさい)。圧倒されます。ぜひみなさんも一度訪れてみては。

ちなみに写真に私と写っている人は、ディレクターの小山さん。Top of~のメキシコ編でも一緒に旅をしたディレクターさんです。こわーい顔で写っていますが、笑顔の素敵なとっても優しいお兄さんなんですよ。

実はモンサンミッシェルで名物はオムレツ。この参道沿いにオムレツのお店があります。私たちもランチで食べましたがとってもふわふわでおいしかったです!結局私は食い気が勝るのかな。

パリ

そしてパリです。パリでは美術館やチョコで作った彫刻が飾られているチョコレート屋さん、ヨーロッパ最大のデパートのギャラリー・ラファイエットなどを取材しました。私が取材した中でこれはいいな~と思ったのは、EVカーシェアリング(レンタルサービス)。今までいった海外で自転車のシェアリングは何度も見たのですが、車、しかも電気自動車のシェアリングは初めて見ました。パリの街じゅうにたくさんのシェアリングステーションがあって、どこから乗ってどこのステーションに乗り捨ててもOK、というとっても便利なサービスです。返す時も車の中のモニターで近くのステーションを検索できて、空きスペースの台数も表示されます。しかも、写真の車の横のポールからは充電ケーブルが収納されていて、返す時に車にさすので、言ってみればガソリン満タン返し!という手間がないのです。環境にも優しいし、なんて便利なんだろう!観光客も、国際免許だとかいろんな条件を満たしていれば借りられるようです。

日本でもカーシェアリングが出てきましたが、電気自動車はないですよね。東京で車を維持するのはコストがかかるし、日本にもこの制度が採り入れられたら利用するのになあ。

特選名古屋

そして帰国。帰国日のパリは大雪で、まずいな~と思っていたのですが、案の定、パリのシャルルドゴール空港から5時間遅れの出発。その日は日本も突風で大変だったようで、成田空港に近づくと飛行機はありえないくらいに大揺れ。そして機内アナウンス「着陸できないので中部国際空港に着陸します。」エー!なんだかんだで20時間近く飛行機に乗り続け、名古屋から新幹線で帰りました。久しぶりの日本食初飯は新幹線内の駅弁だったのです。